事例集&コラム
HOME  > 事例集  > 治具事例集  > ロータリインデックスを使った「ゆりかご」治具

事例集  

<< エンジンオイルフィルター分別回収装置 | 可変スパイラル溝加工 >>

ロータリインデックスを使った「ゆりかご」治具

パレットチェンジによって同等クラス機種のエンジン部品をあらゆる角度から加工できる、チルト式の治具です。


コスト低減のためにあえて溶接構造にしていますが、溶接構造にもかかわらず内部配管というところがこの治具のポイントです。


パレットの基準となるパッド面の平面度は90度方向180度方向共±0.02mm以内の精度を確保しています。



写真は三次元測定器にて計測中の写真です。


ゆりかご式治具ベース


治具事例集 | 2007.03.14

株式会社 神戸精密 プライバシーポリシー