ものづくり社長奮闘記

ものづくり社長奮闘記  ブログ

ローテク思考か、ハイテク思考か?

先日、三次元測定器のレトロフィットと同時に、小型三次元測定器が入ってきた。


最近の三次元測定器ってのはすごいんですねぇ・・・
空間精度とかなんとか・・・(;A´Ω` )[汗]


機械のX、Y、Z方向の直角が出ていなくても、ソフトでピッチ補正を行って精度をごまかしながら出しているんですね。(日本製ではありませんが・・・)
プローブをテスターに取り替えてアナログ的に測ってみたのですが・・・

直角、平面の精度が0.2mm台、0.03mm前後でうねりがある機械を、ソフトで補正して精度を出している測定器メーカーがあるなんて・・・

レーザー測長器で計測したピッチ誤差の値を基に、マシニングセンタなどでも数ミクロン単位でピッチエラー補正するのはごく一般的なのではありますが、


組立も、納入現場でZ軸ユニットを簡単にポン付け!(機械的な精度チェック無しで、ポンとはめ込み式のように取り付けること)・・・


しかしながら、そこそこ精度出ているのには驚きました。
技術の進歩、おそるべしです。


っていうか、その測定器屋にも馬鹿にされたもんですねぇ。 ・・・というか、解釈を間違われたようです・・・(;A´Ω` )[汗]
とりあえず返品しますが・・・



これには、うちの職人も呆れてました。。。


底面が基準となる我々の治具などの場合、基準となる石定盤が理論上うねって平面も出ていないのにどうやって測ればいいんでしょうか?


機械精度をそこそこあげた上でピッチエラーを補正するのが計測器、いや機械製作、ものづくりの常識ではないのでしょうか?
ものづくりそのものが曖昧で、それをソフトで補正するという測定器屋の考え方がわかりません。
このような
アナログ思考デジタル思考の差は、だんだん広くなっていくのでしょうか?
もしくは、
ローテク思考ハイテク思考の違いなのか?
根本的なものづくりへの考え方が変わってきているようで非常に残念です。


私自身も、
機械導入時には、もっと自分の目でちゃんと納得いくまで確かめて購入しなければ。。。
…と教訓です。



ブログ | 2009.07.10

気をつけてください!

今日、うちの社員が

「社長!消火器の取り替えのハンコ押しときますよ?」

(・・。)ん?

「おい!誰がそんなん頼んだんや?」

すると、
50代後半の営業マン風の人が勝手社内に侵入し、消火器をまとめて

「期限が切れていますので変えときますわ、ひどいのは20年前のもありますわ!」

と私に言ってきた。

「何で勝手にそんなことするねんや!」

「前もやりましたんで・・・」

会社名を聞いてもどうも早口で業者名も聞こえない。

なんとも
とんとん拍子に話していきサインをねだる

「ほかで見積もせんとあかんから、あんたも見積もってきてくれ!それからや!」

と突っぱねると、

「ほんなら見積持ってきますわ」

と、すぐに引き上げた。

社員に、

「あいつ詐欺や!」と笑って話すと、社員は悲愴な顔で「えらい知っているような口調なんで信じてました」

つい半年ほど前に4S活動で消火器の点検をしたばかりで、20年前の消火器なんぞあるわけが無い!




すぐに消火器を確認すると、消火器はほったらかしで行方をくらました。

会社周りの組合と警察に
「注意するように」と連絡した。

最近は何をしでかすか解らないので、みなさんお気をつけください。

ブログ | 2009.06.12

岩国基地フレンドシップデー2009

 岩国米軍基地で毎年5月5日に開催される日米フレンドシップデーに行ってきました。

 私は今回で4度目となりますが、今年は若手社員を2名を連れて行きました。


 
我々の仕事にも関係する分野であり、その重大さを自分達の目で観て知ることで若手社員のモチベーションのアップにもなるかな?と、連れて行ったはずなのですが・・・

 どうも、子供のように写真を撮りまくってはしゃいでいた私の様子が、若手2人には印象的で可笑しかったようです・・・
 (;A´Ω` )[汗]

 錦帯橋の温泉にのんびり浸かり、この関係の仕事に限らず、
我々の仕事の重要性などを少し語り合いながら、真っ赤っかに日焼けし火照った体と疲れを癒し、大変充実した一日でした。

下手なのですが、この日のために安くて高機能だと思って買ったデジカメで撮影した写真をいくつか載せておきます。







AV-8B Harrier F-16 Fighting Falcon Blue Impulse 1
Blue Impulse 2 Blue Impulse 4 Blue Impulse 3

【注意】 画像は、かなり圧縮しております

私・・・ 若手社員
ブログ | 2009.05.06

失敗

床のペンキ塗りを、あなどってはいけません・・・

 今日もPM4:00から45分間の週末3Kプロジェクト活動日でした。

 刻印機部の部屋の整理、床塗り(2度塗り)、壁紙の剥がれ修正の3班に分かれて活動しました。

 工場から出られなくならないように、工場内3方から塗る順序をきっちり決めて塗っていきます。


 みんなペンキを床にドボドボと流し、調子よくローラーで塗っていたのですが・・・

 「おーーーーぃ!、3方それぞれのペンキの色が違うやんか!」

 
「( ´゚д゚`)エー ペンキの缶ひっくりがえして十分に振ったでぇ・・・」

 慌ててそれぞれのペンキの缶の製品番号やロットNo.をチェック。

 
「ロットが違うからやろか?」

 それにしても違いすぎます。

 「まぁ、また塗ればええやんか・・・」

 塗っていく度に色が白っぽくなっていきます。
 どうも、ペンキの混ざりようが足らなかったようです・・・

 こういう時は、別の空ペール缶など容器にそれぞれのペンキを移して、混ぜ合わせてから塗るようにした方がいいようです。

 また、塗り直しです・・・(´;ェ;`)ウゥ


3k_pro090417
ブログ | 2009.04.17

3Kプロジェクト(床塗り・ライン引き)

 ブログの方、ご無沙汰しております・・・

 
仕事が少なくなる一方で、工場全体がどんどんきれいになっていくことに快感を憶える今日この頃です・・・

(工場見学会・工場・改革プロジェクト)、題して
『3Kプロジェクト』も毎週末にプロジェクトリーダーの指示の元、全員参加で順調に進んでおります。

 本日の活動は工場床塗りでした。

 床塗り・ライン引きを行うと、工場がこんなにも変わるもんなんですねぇ
床塗り・ライン引き1
床塗り・ライン引き2
 
「まだまだやなぁ・・・」と言っていたリーダーも、「昔の写真と比べてみると、思っている以上に明るく、そしキリッと引き締まった感じに見えてくるもんやなぁ。・・・」と感動していました。

「間に合うかなぁ」と私自身思っていた工場見学会なのですが・・・

       なんとか成功する実感と意欲が沸いてきました。


 
ブログ | 2009.04.11
1 2 3 4 >>

株式会社 神戸精密 プライバシーポリシー